研究センター

...

HOME > 研究センター

短期大学コンソーシアム九州事務局
〒840-8550
佐賀市本庄町本庄1313
佐賀女子短期大学内
TEL:0952-23-5145

研究センター

  • 研究センター長よりメッセージ
    「研究センターで九州の短期大学の将来構想を語りましょう」

     短期大学コンソーシアム九州では、メンバーの短期大学が地域の大切な高等教育機関として評価され発展していくために必要な教育・研修、また研究開発事業を共同で実施していきます。この事業の推進には、各課題についての実証的なエビデンスを収集・分析し、また理論探究をすすめることが不可欠です。そこで、短期大学の現状と将来のあり方を調査研究するための研究センターを設置しました。この研究センターは、メンバーの各短期大学教職員と、短期高等教育に専門的な関心を持つ研究者とが集まって、さまざまな調査研究を企画し、また実施・分析をしていきます。なかでも、これまで継続してきた研究活動として「短期大学の将来構想に関する研究会」(CC研)があります。
     これは、2002年に当時の長崎短期大学学長安部直樹氏と、短期大学基準協会調査研究委員会委員の吉本圭一とが九州地域の短期大学に呼びかけて、短期大学関係者による対話の場として設けたもので、これまでに26回の研究会活動を行ってきました。この研究会の精神は、中央からのまた大学中心に発信される政策に右往左往するのでなく、九州で地域に愛される短期大学を目指して教育研究に日々関わる関係者が、自らそのデザインづくりを担っていく、いわば短期大学が自分自身を知ること(IR活動)を通して、短期大学による短期大学のグランドデザインを論じ、それをひろく示していくことです。これまで多くの短期大学の賛同を得て、短期大学卒業生・企業・高校など各種の短期大学ステークホルダーの調査を行い、その結果は、関係者による現場の視点を大切にしながら全国各地でまた専門学会で報告してきました。また、海外の高等教育専門家の九州来訪の折を捉えては、国際的な短期高等教育の動向を勉強してきました。そして、FD・SD研修会を共同で企画・実施してきました。
     こうした、7年間の経験を基に築いてきた相互信頼が、本コンソーシアムと研究センターの基本財産であり、この組織の母胎となっています。今後も、地域に愛され発展する短期大学をつくっていくために、さまざまな研究活動を推進していきたいと存じます。みなさま、どうぞいろいろな経験と知恵・想いをこの研究センターにお持ち寄り下さい。


    研究センター長 吉本圭一
Copyright © 短期大学コンソーシアム九州 All Rights Reserved.