活動報告

...

各部会活動報告

教育部会とは?
各々の連携校の特色ある初年次教育や教養教育について、コンソーシアムのホームページやパンフレットで紹介する。さらに、地域のステークホルダー(高校生・高校教員・保護者・卒業生・就職 先など)に広く意見を聞く機会を設けて、地域のニーズに対応する短期大学独自の初年次教育や教養教育を共同で開発する。
短期大学コンソーシアム九州事務局
〒840-8550
佐賀市本庄町本庄1313
佐賀女子短期大学内
TEL:0952-23-5145
B2部会(初年次・教養教育の共同開発)研修会の開催
  • 【日時】 平成23年12月18日(日)
  • 【会場】 玄海ロイヤルホテル

 去る12月18日(日)、東海大学福岡短期大学が主担当校として2009年度より取り組んできた「初年次・教養教育の共同開発」事業の一環として「学生及び教職員を対象とする初年次・教養教育研修会」が、福岡県宗像市にある玄海ロイヤルホテルで行われました。

 本研修会は、東海大学福岡短期大学が初年次・教養教育の共同開発に向けて実施してきた「リーダース研修会」や「フレッシュマンゼミナール」について総括し、その振り返りと今後の展望を検討するという趣旨のもとで実施されましたが、参加者は学生32名(2年生16名・1年生16名)と教職員12名(教員9名・事務職員2名・連携GP事務補佐1名)の計44名で、活発な議論が展開されました。

 研修会は、開会式・学長挨拶に続いて、2年生、1年生、教職員の3つのグループに分かれて分科会が設けられ、2年生は「リーダーとして1年間役割を果たせたか?」、1年生は「オリエンテーションウィークからの現在までの学園生活は満足できたか?」、教職員は「オリエンテーションウィーク、フレッシュマンゼミナールの問題点は?」を、それぞれのテーマとしてグループ討論を行い、終了後、全体会で各グループの代表者による発表が行われました。2年生からは、反省点と今後の学内の活性化や仲間作りにつながる貴重な意見が提言され、バトンを渡す1年生へエールが送られました。それを受けて1年生からは2年生が作ってきた土台を継承しつつ、新たな企画への抱負が力強く宣言されました。最後に、教職員の代表からは、学生たちをしっかりサポートしながら、今後に向けてよりよい短大教育の確立に向けてさらなる努力を続けることが約束され、閉会となりました。

前のページへ戻る

Copyright © 短期大学コンソーシアム九州 All Rights Reserved.